【ジブリパーク】人気のお土産・食事は即売り切れ!?新エリア「魔女の谷」の魅力

ジブリパークに新エリア「魔女の谷」が開園!その魅力を人気のお土産や食事と一緒にご紹介。


Contents

  1.  チケットのおすすめは?
  2.  ジブリパークへの行き方は?
  3.  開園30分〜1時間前に到着せよ!
  4. 「魔女の谷」人気のお土産は?
  5. 「魔女の谷」人気の食事は?
  6. 『魔女の宅急便』の世界へ!
  7. 『アーヤと魔女』の家に潜入
  8. 「ハウルの城」が動いた!?
  9. 「オキノ邸」でキキの家族気分
  10.  乗り物であの名曲に浸ろう

——————

Related Articles


1. チケットのおすすめは?

ジブリパークのチケットは「ジブリパーク大さんぽ券プレミアム」「ジブリパーク大さんぽ券」「ジブリパークさんぽ券」の3種類。名前が長い券ほど入場可能なエリアが多く、価格も高くなります。行きたいエリアを確認して購入しましょう!おすすめは「大さんぽ券プレミアム」ですが、1日で全てのエリアを見て回るのは困難です。特に、敷地が広い「魔女の谷」と「ジブリの大倉庫」を最大限楽しむには、2日間に分けるとベター。「魔女の谷」が目的の方は「大さんぽ券プレミアム」、「ジブリの大倉庫」を楽しみたい方は「大さんぽ券」がおすすめです!

大さんぽ券
プレミアム
大さんぽ券 さんぽ券
 大人
(平日)
7,300円 3,500円 1,500円
大人
(土日祝)
7,800円 4,000円 2,000円
4歳〜小学生
(平日)
3,650円 1,750円 750円
4歳〜小学生
(土日祝)
3,900円 2,000円  1,000円
入場可能範囲 5エリア
+建物内観覧
5エリア 4エリア
★ジブリの大倉庫 ×
★青春の丘
地球屋(青春の丘) × ×
★どんどこ森
サツキとメイの家(どんどこ森) × ×
★もののけの里
五平餅炭火焼体験(もののけの里) 別料金 別料金 別料金
★魔女の谷
オキノ邸
ハウルの城
魔女の家
(魔女の谷)


×
×
×
×
×
×
メリーゴーランド(魔女の谷) 別料金 別料金 別料金
フライングマシン(魔女の谷) 別料金 別料金 別料金
※3/21時点の情報。営業日、営業時間は予告なく変更になる場合があります。詳細は公式サイトをご確認ください。

2. ジブリパークへの行き方は?

ジブリパークの所在地は愛知県長久手市。名古屋駅から電車で向かう場合は約50分。地下鉄東山線で「藤が丘駅」まで行き、東部丘陵線(リニモ)に乗り換えて「愛・地球博記念公園駅」で下車するとすぐ目の前です!

初めて行く方は、バスもおすすめです。名古屋駅の名鉄バスセンター4階24番のりば 『愛・地球博記念公園(ジブリパーク)』行きに乗車しましょう。直行便に乗れば、約40分で到着します!(バスの運行情報はこちら


3. 開園30分~1時間前には到着せよ!

今回は「大散歩券プレミアム」でジブリパークに入場。開園初日の「魔女の谷」は営業開始前から長蛇の列!お土産重視の方は、開園時刻の30分〜1時間前には到着することをおすすめします。

長蛇の待機列(開園1時間前)
待機列の横で「魔女の口」を発見!
列の先に見える入場ゲートを潜ると…
ジブリの建物に気分上々!!

4. 「魔女の谷」人気のお土産は?

「魔女の谷」でお土産を主に販売している場所は「13人の魔女団」と「ハッター帽子店」。品切れになる前に人気グッズを手に入れましょう!まずは「13人の魔女団」に向かうことをおすすめします(マップはこちら)。

「13人の魔女団」は開店10分で長蛇の列!
魔法陣ラグは開店20分で完売。ヒンのぬいぐるみは午前中で姿を消しました!

「13人の魔女団」に行った後は『ハウルの動く城』に登場した「ハッター帽子店」へ移動。1階ではキャンディー缶や焼き菓子、帽子などが買えます。中庭から建物の奥に進むと、ソフィーの作業場があり、2階には魔女や魔法関連の書籍を揃える本屋さんがあります。

ソフィーが働いていた帽子店
可愛いキャンディーとマドレーヌをゲット!(左:グーチョキパン屋のクッキー入りハウス缶は13人の魔女団で購入)
マドレーヌはプレーンとチョコの2種(6個入り)

5. 「魔女の谷」人気の食事は?

「魔女の谷」にあるレストランは入場ゲート付近の「空飛ぶオーブン」のみ。屋内でゆっくり食事をしたい方におすすめです。一番人気の「魔女の谷のシェパーズパイ」を狙う場合、開店直後に入りましょう!

キュートな立て看板が目印
一番人気の「魔女の谷のシェパーズパイ」は正午に完売。二番人気の「闇夜のカレー」は13:30に完売!
奥:魔女の谷のビール、魔女の谷のフロート | 手前:ナポリタンのキッシュ、闇夜のカレー、ジャムクッキーとカップケーキ

軽食はホットドッグスタンドもおすすめです。

ホットドッグスタンド「ホット・ティン・ルーフ」
天気の良い日はこちらもおすすめ

6. 『魔女の宅急便』の世界へ!

『魔女の宅急便』に登場する「グーチョキパン屋」では、パンやジャムを買うことができます。開園初日は「あんバターメロンパン」が人気で一時品切れ状態。お昼のピークタイムは入店まで90分待ち!

『魔女の宅急便』のパン屋さんを忠実に再現
美味しそうなパンがたくさん!
苺のジャムや小倉バターも魅力的

お店の側で販売しているパンセットを購入して、店内には人が少ない時間帯に入るのもおすすめです。

お店の側でパンセットを買うこともできます
14時頃には完売する人気ぶり!
パンセット(スタンダード) :メロンパン、カヌレ、シナモンロール、ソーセージロール

裏庭からはキキが寝泊まりする屋根裏部屋に上がれます。

屋根裏部屋に上がってぜひ感動してください!

7.「魔女の家」は魔女の作業部屋に注目

他の建物と比較して待ち時間の少ない「魔女の家」。『アーヤと魔女』に登場する魔女の作業部屋やアーヤの寝室、バスルームやキッチン、図書室が見られます。魔法の材料が置かれている魔女の作業部屋は怪しさ満点!

怪しい魔女の部屋をご堪能あれ!

8. 「ハウルの城」が動く!?

「魔女の谷」のランドマークである「ハウルの城」。1時間に数回、城の一部が動き、煙を吐きます!1階はカルシファーの炉や流し台、テーブル、ソフィーの部屋があり、2階にはハウルの寝室や衣裳部屋、浴室やマルクルの部屋があります。1階で閲覧できる魔法の本は、マニュアルをヒントに読み解けるようになっているので、ぜひ挑戦してみてください!

城の周辺には「かかしのカブ」が佇んでいて、一緒に写真を撮影できます。

なんとカブは回転可能!

9. 「オキノ邸」でキキの家族気分

「オキノ」は『魔女の宅急便』のキキの父親の名前で、「オキノ邸」はキキが魔女の修行に旅立つ前まで過ごした家。1階には母親が薬を作る魔女の店や、客間や居間、台所があります。2階ではキキの部屋や父親の書斎を見ることができます。

キキの家族が暮らす「オキノ邸」(隣は車庫)
庭園に箒を発見!
お気に入りの箒で空へ!

10. 乗り物であの名曲に浸ろう!

「魔女の谷」には「年に一度、村にやってくる移動遊園地」をイメージした乗り物遊具として、「メリーゴーランド」と「フライングマシン」があります。「メリーゴーランド」は大人も利用可能で、乗車中は特別にアレンジされた「人生のメリーゴーランド」の音楽が流れます!

「のりもの券」はオキノ邸前の「小さな小屋」で販売
「人生のメリーゴーランド」が流れます♪
好きなキャラクターに乗せてもらいましょう!

「フライングマシン」は3~12歳の子どもが対象(大人のみの利用不可/付き添いの場合のみ子ども1人に対し大人1人可)

お子様連れの方はぜひ!

以上、第3回「ジブリパーク」の潜入レポートでした!気になった方はぜひ行ってみてください♪

——————

Related Articles


映画を復習して楽しさ倍増!

何度観ても楽しめる作品

漫画好きはこちらもチェック!

ComicAddictでレビューを確認

Nico, 編集長

マンガ好きの両親から生まれたマンガ狂い。欧州最大級のカルチャーイベントで運営・通訳を経て、『ComicAddict』の編集長に就任。

Nico, 編集長 has 38 posts and counting. See all posts by Nico, 編集長